ヘルパー2級とはどんな資格なのでしょうか

2015年には国民の4人に1人が高齢者になるとも言われており日本では高齢化社会は急速に進んでいます。ヘルパー2級は
高齢者や身体障害者など日常生活に支障がある方の食事、トイレ、入浴などの介護や、調理、洗濯、掃除、買い物などの日常生活全般のお手伝いができる資格です。老人施設や老人ホーム等の介護福祉施設で働くケースもあります。

 

介護等のお仕事を始めるなら一般的にホームヘルパー2級の取得にチャレンジする方が大半です。3級は家庭介護者向けの資格であり介護の仕事をしようと思ったら2級の資格になります。

ヘルパー2級

この資格を持っていたらお仕事がないという事態になることはありえず今後急速に需要が増える職種であることは間違いありません

 

またヘルパーの資格をもっていたら万が一家庭内で介護の必要性ができた場合も学んだことを生かすことが可能です。
高齢化が進み、介護の担い手は圧倒的に不足しています。ヘルパー2級を有した方のお仕事は増える一方です。ヘルパーの仕事に興味がありましたらまずは資料請求をしてみることをおすすめします。
また困った方を助けるということは大変ですがやりがいのある仕事でもあります。

 

介護職員初任者研修ホームヘルパー2級は平成25年度(2013年度)4月から「介護職員初任者研修」へ移行されました

介護職員初任者研修を取得するための複数の主要スクールに一度の入力で無料で資料請求ができます↓↓↓

ヘルパー2級どんな職場があるのでしょうか?

 

訪問介護、特別養護老人ホーム、老人保健施設、有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスセンター、ボランティア団体などのでの

資格

お仕事が多いです。ホームヘルパーはあらゆる局面でで必要とされている仕事です。介護という仕事に興味をもったら取っておいて損はない資格です

 

ヘルパー2級はどこで学べばよいの?

 

通学、 通信講座の両方があります
通信講座での「基礎講義」を学びスクーリングでの「実技」・「実習」を行う形になります。
「実技」・「実習」は介護の仕事のかなめであり実際に講師の指導で介護の実際を学ぶことになります。
実際に介護の仕事を行う際に非常に重要な部分になりますのでしっかりと実習を教えてくれるスクール選びが重要になってきます
シカトルでしっかりとスクールの比較資料請求をすることをおすすめします。

ホームヘルパーの養成 講座はどのくらいの期間かかる?

講座によって、期間はまちまちです。厚生労働省令では2級は8ヶ月以内とされていますが、実際は、2〜6ヶ月程度のコースが多いようです。

 

ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」へ移行されました主要スクールに資料請求をするのが近道です。こちらからなら一度の入力で一括で有名どころのスクール複数に一度の入力で資料を請求できます 詳しくはこちら↓↓